トピックス

[2017年10月3日]健康福祉委員会 愛知学園の学校教育 わしの議員

カテゴリー:

〔未定稿 文責:日本共産党愛知県議会議員団〕

【わしの恵子委員】

愛知学園への学校教育導入に向けて教育環境の整備について質問します。

私は、昨年9月に愛知学園を視察してきました。愛知学園は明治42年に「感化院」として開設し、昭和23年に「教護院」に改名、昭和38年に現在地に移転して、平成10年に「児童自立支援施設」と改称されました。この歴史ある学園には昨年9月時点で、小学6年から中学3年生まで男女合わせて15人が生活していました。

説明を受けた後、生活の場である寮も見せていただきました。きちんと生活されているなと思いましたが、トイレも洋式化されておらず、冬は大型ストーブを使っていて、十分に温まらないという声もありました。

それから校舎棟を見せていただきましたが、やはりエアコンはなく扇風機だけ、この日も大変蒸し暑く、この中で学習するのはかなり厳しいなと感じました。トイレも洋

式は1つだけでした。図書室の図書も入れ替えが必要だと感じるくらい古い感じがしました。校舎もずいぶん老朽化が進んでいるような状況でした。

そこでお聞きしますが、今回長年の願いが実現し、ようやく春日井市立小・中学校として設置されるということで本当に安心しておりますが、今私が視察してきて述べたように、学校教育の場にふさわしい学校とするには、相当な施設の改修や整備が必要だと考えますが、今回は6,182万円の整備費が補正予算として掲げられていますが、どんな内容で改善されるのか伺いたいと思います。

 

【児童家庭課主幹】

補正予算額6,182万円の内訳でございますが、整備費43,689千円、備品の購入費18,131千円でございます。

整備の内容につきましては、現在、愛知学園に2階建ての校舎棟がございますが、児童が安心かつ快適に学習に取組むことができるよう、教室や廊下等の壁や天井等を補修するとともに、新たな空調設備の設置等を行うものであります。

整備後は、校舎2階に小学生用、中学1年生用、2年生用、3年生用の教室となる普通教室4教室のほか図書室と音楽室が、また1階には理科室、美術室、家庭科室、職員室等が整います。

備品につきましては、机や棚、図書室の本等を更新し、理科の実験器具や家庭科教材等を購入します。

 

【わしの恵子委員】

お答えいただき、学校教育の場にふさわしくなるという事で安心しました。子どもたちが義務教育を受けながら、学校でも生活の場でも友達や先生たちと仲良く過ごして、そして地元の学校に帰ってほしいと思います。

 そのためには、生活棟についても子どもたちの声を聴いて、生活しやすいよう、改善するよう要望したいと思います。

▲ このページの先頭にもどる

© 2015 - 2017 日本共産党愛知県会議員団