トピックス

[2016年12月5日]各団体が請願を提出

カテゴリー:

 12月議会は来年度予算に向けて、各団体から多くの請願が提出されます。今議会へも16もの請願が提出されました。( )内は付託される委員会です。

 ・稼働40年を超えた高浜原発1,2号機と美浜原発3号機を廃炉にするよう関西電力に要請するという意見書を政府に提出することを求める(総務県民委員会)

 ・愛知県に給付型奨学金制度の導入などを求める(総務県民委員会・文教委員会)

 ・平成29年度愛知県私学振興予算の充実(総務県民委員会)

 ・平成29年度愛知県私立幼稚園関係予算の充実(総務県民委員会)

 ・「教育の公平」を目指して、学費と教育条件の公私格差を是正するために、私学助成の拡充を求める(総務県民委員会)

 ・「沖縄県の声に共鳴して、地方自治の堅持を日本政府に求める意見書」の採択を求める(総務県民委員会)

 ・「消費税10%増税の中止を求める意見書」採択を求める(総務県民委員会)

 ・自衛隊に「駆けつけ警護」など新任務を付与せず、南スーダンからの撤退を求める意見書の提出を求める(総務県民委員会)

 ・日韓合意(日本軍「慰安婦」問題)によるすみやかな解決を政府に求める(総務県民委員会)

 ・設楽ダム建設事業について(振興環境委員会)

 ・介護労働者の勤務環境改善及び、処遇改善の実現を求める(健康福祉委員会)

 ・安心・安全の医療・介護の実現と夜勤交代労働の改善を求める(健康福祉委員会)

 ・地域の実情に応じた医療提供体制の確保を求める(健康福祉委員会)

 ・安心して子どもを生み育てられるよう保育の公的責任の堅持と、保育・学童保育施策の拡充を求める(健康福祉委員会)

 ・すべての子ども達に行き届いた教育を進め、心のかよう学校をつくる(文教委員会)

 ・子どもと保護者が安心できる少人数学級の実現を求める(文教委員会)%e5%85%ac%e7%ab%8b%e7%88%b6%e6%af%8d%e9%80%a3%ef%bc%92

 以上です。

 子育てや教育・福祉をはじめ、住民が安心して生活できる環境を求めるものであり、命・暮らしを守りたいという切実な要求です。日本共産党県議団は紹介議員となりました。請願として、最終日(20日)の本会議に上げられ採決が行われます。%e6%b6%88%e8%b2%bb%e7%a8%8e%e9%80%a3%e7%b5%a1%ef%bc%92

 

▲ このページの先頭にもどる

© 2015 - 2021 日本共産党 愛知県委員会