県政の窓

愛知最賃審答申926円 愛労連「1500円必要」(2019.8.5)

カテゴリー:

愛知地方最低賃金審議会は5日、2019年度の愛知県の最低賃金(最賃)改定について、現在の時給898円から28円引き上げ、926円にすることが適当を愛知労働局長に答申しました。昨年の引き上げ幅を1円上回りました。最賃は正規・非正規を問わず、すべての労働者が対象です。10月1日から実施されます。
 厚生労働省の中央最賃審議会の小委員会は7月31日、全国平均27円、愛知県を含む6都府県について28円を目安に引き上げるよう答申しました。
 愛知県労働組合総連合は同日、時給1500円への最賃引き上げを求める要請書名8,341人分を愛知労働局に提出。2日朝には名古屋市中区三の丸で宣伝行動を行いました。
【愛労連の知崎広二議長の話】若者がふつうにひとり暮らしするには、月23万円前後、時間給1500円以上必要です。都市部でも地方でもほぼ同じ調査結果です。最賃引き上げを円滑に進めるためには中小企業への支援が欠かせません。引き続き運動を強めます。

▲ このページの先頭にもどる

© 2015 - 2019 日本共産党 愛知県委員会